ABOUT

「せともの」の語源となるここ瀬戸赤津にて、360年続く窯元です。先人達の努力のおかげで、今日まで窯の火を受け継ぐことが出来ました。 受け継がれてきた伝統的な技法や釉薬、瀬戸の良質な陶土を使い、日々の生活が楽しく、豊かになるよう、手間を惜しまず心を込めて一つ一つ丁寧に作っています。 器には料理と共に、気持ちも盛り付けられています。「おはよう」「ありがとう」「ごめんね」「頑張ってね」「お疲れ様」など、心を伝える大切なツールの1つ。大切な人や家族と過ごす時間を「自分らしく」「心地よく」過ごせ、食卓が笑顔で溢れるお手伝いができれば幸いです。 古くから愛されてきた瀬戸・赤津焼の伝統を踏襲した「霞仙シリーズ」と瀬戸の特徴である多彩な釉薬を活かした現代の食卓になじむ「KASENシリーズ」の2シリーズ展開しています。 全てのアイテムは電子レンジ、オーブン、食洗器に対応していますので、「普段づかいの器」として気軽にお使いいただけます。 手に取った時、心の温度がフワッと上がる 気が付けばいつもこの器を選んでいる 今日も  明日も  明後日も・・・ 次代へ受け継がれ、100年先も愛される器を瀬戸よりお届けします。 十二代当主 加藤裕重 ■Homepage   http://www.kasen-web.com ■Instagram   https://www.instagram.com/kasenpottery